【活動記録】有機農業の推進に向けた意見交換会に出席しました

本日は愛媛県農産園芸課主催の有機農業の推進に向けた意見交換会に参加させていただきました。


国としては平成18年に【有機農業の推進に関する法律】が施行され、第1条に「この法律は、有機農業の推進に関し、基本理念を定め、並びに国及び地方公共団体の責務を明らかにするとともに、有機農業の推進に関する施策の基本となる事項を定めることにより、有機農業の推進に関する施策を総合的に講じ、もって有機農業の発展を図ることを目的とする」とあります。
国は法律の中で、有機農業を推進することを定めているのです。


(参考資料)https://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/yuuki/attach/pdf/sesaku-1.pdf


しかし、生産者また消費者である私たちにとって、有機農業が推進されているという感覚はそんなに大きくないのでは、と感じています。あくまで主観ですが。


維里は「農業を通じて食と暮らしをととのえる」という企業理念のもの、農業の力で未来を守ることを本気で考えています。
私たちにできること、そして国や県や市町などが出来ること、各々役割があると思います。
それぞれが自分たちの未来のために「今」何ができるかを本気で考える時にきている、私たちはそう思います。

意見交換会では県の施作についての要望や意見が挙手によりたくさん飛び交いました。参加者の方は皆本気です。
意見を伝えることの重要性を感じつつ「食の未来」を真剣に考える2時間になりました。
時間は全く足りない。まだまだ議論したい。
日本の、そして愛媛の食を、みんなで考えていきましょう。維里はこれからも前を向いて進んでいきます。


株式会社維里

この記事を書いた人

土と暮らす

土と暮らす

【土と暮らす】は愛媛県西条市の自然栽培農園です。
今日食べたものが明日のわたしになります。
農業は「おいしい」で未来を創る仕事です。