【日本4Hクラブ】第66代会長になりました

【全国農業青年クラブ連絡協議会(日本4Hクラブ)の第66代会長になりました】
7/2 日本4Hクラブ総会
私たちの会も、平成から令和の新しい時代を迎えました。
日本4Hクラブは、明日の農業を担う青年農業者の全国ネットワークで、13000人の仲間がいます。
今年度の活動テーマは、

「清流無間断(せいりゅうかんだんなし) 〜活動するものは常に新鮮なり〜」

清流無間断、碧樹不曾凋
(せいりゅうかんだんなく、へきじゅかつてしぼまず)
清らかな水は絶え間なく流れており、⻘々とした木の緑は衰えることはない
転じて、活動するものは常に新鮮であり、不断の努力修行が大切であるという禅語字彙の言葉です。

近年では、他団体、企業のみなさん、農政を行う方々などたくさんの連携、交流が生まれています。
この交流の中で思うようになったことは、私たち若手農業者が日本の農業の未来の主役だということです。
私たち青年農業者は農業のど真ん中にいるプレーヤーです。
新しい技術も農業政策もそれを使う私たちの為。サービスを使って一緒にブラッシュアップしていったり、現場の声を政策を作る側に届けたり、4Hの活動が相乗作用になって日本の農業の未来をより明るく強くしていきたいと考えています。
4Hクラブの盛り上がりが、日本の農業の盛り上がりとなるよう、しっかりと努めていきます!
みんなよろしくね!
農業やっててまだ4H入ってないそこのあなた!
是非4Hへ!お問い合わせは地元役場の農業関係課や県普及所に事務局がある場合が多いです。
名称は所々で違うので、JAのじゃない方の若い農家の集まり的な問い合わせ方で大丈夫だと思います。(JA青年部と掛け持ち入会も可能です)

この記事を書いた人

首藤元嘉

首藤元嘉

株式会社 維里 代表取締役
自然栽培農園 土と暮らす 園主
代々農家の12代目として生まれました。
全圃場自然栽培で営農しています。
全国農業青年クラブ連絡協議会(日本4Hクラブ) 第66代会長