【スマート農業】6月6日、ついに可変施肥田植機実演!

\\\\\自然栽培 × スマート農業/////

【土と暮らす】と鳥取大学との共同研究、

可変施肥田植え機の土壌センサーを使って

自然栽培をセンシングします!

イセキ社の可変施肥田植え機を開発した鳥取大学の森本教授のゼミが、先進スマート農業デバイスを使って、土と暮らすの西条の田んぼを土壌分析します!

自然栽培圃場初(ということは世界初!)になりますので、

是非!!見学にお越しください✨

【可変施肥田植え機とは?】

リアルタイムセンシングに基づく施肥制御ができる田植え機です。

田植機に搭載された各種土壌センサで、「作土深」と「SFV(Soil Fertility Value)=土壌肥沃度」を作業中に検知し、圃場内の作土の深い箇所、肥沃度の高い箇所では、自動で減肥制御します。

【私たちが事業で行うこと】

土と暮らすでは自然栽培(無肥料栽培)をしているので、施肥機部分は使いませんが、土壌センサーを使って、自然栽培圃場での土壌分析をして詳細なグリッドマップを作ります🌾

夏にはドローンのセンシングによる葉色診断、秋の収穫には収量コンバイン(収穫量計測機付きコンバイン)による収穫量調査を行います。

これにより、自然栽培の圃場で実際土の中で何が起こっているのか見える化し自然栽培の科学的解明を行います。

【日時・場所】

6月6日(予備日7日)

実施圃場:西条市氷見新開

我々は1日圃場のどこかにいます🌾

どうぞ自由に見学してください!!

土と暮らす

この記事を書いた人

マネージャー進藤

マネージャー進藤

株式会社 維里 マネージャー
圃場に出ない農家の右腕。
販売、広報など生産以外の事を管理しています。
【土と暮らす】の一番のファンです。