株式会社維里の理念

農業を通じて食と暮らしを整える

繊維の「維」には衣類としての暮らしを
ふるさとを思わせる「里」には田と土があり食と住まいを

「維里」という言葉には、衣食住すべての意味が込められています。
農業に対する真摯な思いをこの名前に込めました。

「農業を通じて、食と暮らしをととのえる」ことをミッションとして
地域の農業の担い手となることを目指しています。

~生 産~

全圃場自然栽培(農薬・肥料不使用)そして自家採種。
この二つにこだわりを持って、主にお米や大豆を育てています。

美味しくて安心・安全な食べ物を食べてもらいたい。
自然に寄り添い育てることで大切な人の未来に繋がると信じて真摯に土と向き合っています。

自然栽培圃場が広がればおのずとその土地から農薬や肥料が減少します。
近年の過剰施肥による土壌汚染は私たちの大切な土地にどのような影響を与えるのか計り知れません。
肥料や農薬がダメだと全否定しているのではありません。
それが本当に必要なのかどうか。真剣に考えて土と向き合いたいのです。

私たちは自然栽培を推進することでその土地の環境を守ることを目指しています。
目標は自然栽培での耕作面積日本一になることです。

株式会社維里ではスマート農業の実践により自然栽培の慣行栽培化を目指しています。
近代技術の利点を最大限に活かすことで手間や労力がかかると思われがちな自然栽培を誰にでも再現可能な栽培方法として確立するとこを目指します。

IcT、IoTの活用による生産性の向上やセンシング技術を活用した圃場のデータ分析による見える化、運営管理のIT活用で少ない人数で大きい圃場運営を可能にする試みを実践しています。

自然栽培とスマート農業は縁遠いと思う人もいるかもしれません。
しかし農業の関係人口が減少する中生産性を向上させることに真剣に向き合う時代がきています。

時代は変化し環境は変わり続けます。
変わらないもの、進化するものをいいバランスで取り入れながら、私たちは環境保全型農業・自然栽培の慣行栽培化の実現のために今日も明日も農業と向き合い続けます。

~取り組み~

・ワークショップ

自然栽培で育てた大豆と米こうじを利用したお味噌作りのワークショップや大豆の種まき体験を地元の子供たちと体験するなど、地域の方との交流を大切にしています。
私たちを応援してくれたり、関心を持ってくださる方に会える貴重な機会です。
自然栽培のこと、食のことなど、直接思いを伝えられたり、質問を受けたりする中で農業をもっと身近に感じてもらえたらと思っています。

・エン農

「エンターテイメント農業」の略として、農業を気軽に楽しみたい方の農業体験をサポートしています。
実際に土を踏み風を感じながら作物に触れることで農業や自然栽培について五感を使って感じてもらえたらと思っています。
自然栽培における農業では除草作業が大変です。
農薬や除草材に頼らない農法を身近に感じることで自然栽培に関心をもっていただくきっかけづくりとしています。

・企業CSR

地元企業を中心に企業CSRを受け入れています。
地元の環境保全や食の安全を守ることを農業を通じて伝えることで社会的責任への取り組みを共に実践していくことを理想としています。

・地元農地の集約活動

地元農家の担い手となるべく圃場の伝承に尽力しています。
任せていただいた大切な土地を自然栽培圃場にすることで土地を守り環境を守っていきたいと考えています。