土と暮らすのお米

 

四国山脈・石鎚連峰のふもとの豊かな自然と清らかな水の恵みに育まれた自然栽培のお米です。

自然栽培とは、本来土が持っている力を生かし、農薬はもちろんのこと、化学肥料、動物性有機肥料・堆肥なども一切使わず、太陽や水、土の力だけで栽培する農法のことです。

肥料など余分な栄養を与えない自然栽培で作られた野菜や米は、腐りにくいといわれています。
雑草とりなどの手間ひまは、普通の慣行栽培のお米の何倍もかかりますが、土と暮らすでは、自然の力のみで育った本当に安心して食べられるお米を心をこめて育てています。
 
私たち農家は命を育てる仕事をしています。

大切な人に美味しくて安心・安全な食べ物を食べてもらいたい。
自然に寄り添いお米を育てることで、
その糧が大切な人の未来になると信じて土と向き合っています。
 

 お米の種類について
土と暮らす でつくるお米のほとんどが、あまり一般市場には出回ることのない品種です。
それぞれの品種のストーリーと一緒に味わっていただければ、うれしく思います。
 

 イセヒカリ

「土と暮らす」で一番多く栽培しているお米が「イセヒカリ」です。

イセヒカリは、伊勢神宮で発見された新種のお米です。

伊勢神宮では、当時コシヒカリが栽培されていました。平成元年に台風が二度直撃をしたときに、御神田の稲がすべてなぎ倒されてしまいましたが、その中に生き残った2穂の稲がありました。調べてみるとコシヒカリではなかったことから、平成8年に皇大神宮御鎮座二千年を記念して、その2穂は「イセヒカリ」と命名されました。

現在では、伊勢神宮にて「神にささげるお米(御神米)」として奉納されています。私はこの神秘的なお米の物語に惚れ込み、就農当初から大切に育てています。

口に入れた当初はあっさりとした味わいですが、噛むほどに甘みが口に広がります。粒がしっかりしていてコシがあります。
 

 よんぱち(農林48号)
農林48号はコシヒカリ(農林100号)のおじいさんにあたる品種です。
冷害に弱く、栽培するのが難しいお米ですが、食味の良さと香ばしさが特徴で、もちもちとした食感があり、甘みが強いのが特徴です。
 

 初霜
初霜は、「初めて霜がおりる」頃に収穫されることから、こう名づけられました。
粒が大きく甘みがあり食感も良く、粘りが強くないのでシャリを切った時に米粒が崩れない、冷めても味が落ちにくいお米です。このことから寿司屋では、すし飯に良く使用されているようです。
 

 価格

 

種類

内容量

2kg

5kg

10kg

30kg

玄米

イセヒカリ

1800

4000

8000

24000

農林48号

初霜

 

1600

 

3500

 

7000

 

21000

 

白米

イセヒカリ

2100

4500

8900

26800

農林48号

初霜

 

1900

 

3950

 

7800

 

23500

 

※全て税抜き価格です。

イセヒカリは甘酒や玄米オートミールの加工原料としていますので、在庫状況により販売できない場合があります。出荷については都度お問い合わせくださいませ。

 送料

◆全国への発送も承ります。

地域

 

 

重量

北海道

東北

関東

信越

北陸

東海

中国

近畿

四国

九州

沖縄

10㎏まで

1200

1000

700

600

700

1100

30

1400

1100

800

700

800

1300

※20kgは、10kg2ヶ口になります。

 

 精米について
玄米、もしくは白米での送付を基本としており、分つきについては別途料金をいただいております。
なるべくお米そのままの栄養を取りたい方は多いと思いますが、玄米での消化吸収が難しい方にはこちらがおすすめです。

玄米を分づき対応可能です(1,3,5,8分)。
ご希望の方には、精米時に出る糠もお送りいたします。
分つきは5㎏につき100円です。
(例:イセヒカリ5分つき10kgご注文の場合、
   玄米代金8000円(+税)+精米料100円×2+送料
   となります。)