2015年、自然栽培で玉ネギ成功の兆し!


JA周桑には玉ネギ部会があり、うちでも父の代には農協出荷用に玉ネギ栽培をしていました。
僕の代になり、自然栽培での玉ネギ栽培をするようになったのですが、
初年度目、失敗。(父が注文してたJA指定品種-もみじF1だったので、できるとは思ってなかった)
二年度目も出来たとは言い難い結果。

そして三年目の玉ネギ。


おおおおお!
できたー!
げに恐ろしきは慣習というもので、今まで慣行栽培の要領で田んぼの裏作で育てようとしてたのが、失敗の原因でした。
今回は畑地に作付しました。

田んぼは、田んぼ。
畑は、畑。

たったそれだけのことに気づくのに三年もかかってしまいました。
ともあれ、収穫の頃にはどれくらいの大きさになるのか、どんな味になるのか今からとても楽しみなのです。